忙しくても大丈夫!身近なもので愛猫と遊んじゃおう

猫にとって遊びは運動不足やストレスの解消にもなり大切です。
しかし、おもちゃに見向きもしない、ずっと遊んでほしいなど、猫の好みは様々なので、性格に合った遊び方を選びましょう。

忙しい人や多頭飼いで、ゆっくり遊べる時間が取れなくても、おもちゃを買わなくても、身近なものでできる楽しく遊ぶ方法をお伝えします。

後追いが大好きな猫ちゃんにおすすめの遊び

猫と軽く目を合わせ別の部屋に行き、そこから顔を少しだけ出し、猫が気づいたら顔をひっこめ、気づかなかったら名前を呼びます。

猫が走って寄ってきたら、両腕を一気に上げて驚かして逃げさせます。
驚かせすぎて猫がケガをしないように注意してください。

家事をしながら移動するたびに部屋から顔を出し、寄ってきたら追いかけるふり…を繰り返し、たまに本気で追いかけます。

アクティブな猫ちゃんにおすすめの遊び

出典:shutterstock

長めのひもを人の足首やベルトにつなぐだけです。人が歩くと勝手にひもが動くので、猫が追いかけてきます。

ひもの先にビニール袋や丸めた広告等を付けると、カサカサ音につられてやって来ます。

引っ張られることもあるので、階段等を歩く時は転倒に十分注意しましょう。

ひもを食べると腸閉塞を引き起こす危険もあるので、ちぎれにくいものにし、遊び終わったら必ず回収し片づけるようにしてください。

好奇心旺盛な猫ちゃんにおすすめの遊び

輪ゴムを数本つなげ、その内の1本をラップの芯にしっかりとくっつけます。
広げたバスタオルの下にラップの芯を置き、つなげた輪ゴムを手首に巻いて腕を動かします。
バスタオルの下でラップの芯が動くと、獲物が動くように見えるので、猫が飛びつきます。

TVを見ながらもでき、輪ゴムを足首に付けるとダイエットにもなるかもしれません。

バスタオルの下で直接手足を動かすと、猫に噛まれたりする場合がありますが、これだとケガの心配も少ないです。

猫がタオルを噛んで糸を飲み込まないように、安全上タオルのほつれは切っておきましょう

手軽さNo.1!箱や袋が大好き、または多頭飼いにおすすめの遊び

出典:shutterstock

紙袋の底に穴を開け長めの毛糸を通し、袋の中から通した毛糸の先をテープでとめるだけです。遠くから毛糸を引っ張ると、紙袋が動くので猫が飛びつきます。

多頭飼いの猫たちには、一気に遊べる場所を作ります。
まず、猫を入れずに一人で部屋に入り、紙袋や箱等を並べます。この時、カサカサ音を立てて、猫の興味をそそりましょう。

部屋を開放すると、待ちに待った猫が袋にダイブします。

袋の取っ手に猫の首が引っかかる場合があるので、安全上、袋の持ち手は切って外しておきましょう。

パソコン仕事や勉強中にやって来る!かまってちゃんにおすすめの遊び

古いストッキングを2本準備し、ストッキングの腰部分でまとめて結び、4本の足を適当に三つ編みにします。

輪ゴムを数本つなげ、まとめた腰部分に結びます。

「人の足首に輪ゴムをはめてイスの下で動かす」
「イスの背もたれや脚につないで揺らす」
「壁のS字フックにかけて揺らす」
 など、座ったままで動かせるので簡単です。

ゴムで伸びるので、反動が付くことで動きも複雑になり猫も喜びます。

ストッキングがちぎれて飲み込んでしまう危険もあるので、遊び終えたら必ず片付けましょう。

まとめ

愛猫の性格や好み、いたずらを活用して遊ぶと猫も喜びます。

遊びがヒートアップしおもちゃが壊れても、また作れるので経済的です。
また、時間がない時でも、作業をしながら猫と遊ぶことができます。

ひもや袋、ストッキング等は終了時に必ず回収し、飼い主不在時に猫が見つけられないように片づけておきましょう。遊び終えたら、たいていボロボロになるので、毎回捨てるようにすると安心です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

シリーズ最軽量の3.9kg!コムペット ミリミリライトプラス

コムペット ミリミリライトプラスは前方1か所だったメッシュエリアを後方へもプラスし、使いやすさはそのままに、…

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

持ち運び簡単!車でも安全!リッチェル キャンピングキャリー L 【犬用キャリーバッグ…

リッチェル キャンピングキャリーはキャスターやハンドルがついているので持ち運びがとても楽にできます!

関連する読みモノ

おやつも食事もしっかり食べさせたい!猫用低カロリーおやつ3選

猫も大好きなおやつ。けれど、おやつの食べ過ぎで、食事量が減ってしまっては困りますよね。そこで今回は、しっかり…

どう違う?犬用と猫用ペットシーツについて

ペットシーツには、犬用猫用共用などの種類があります。シーツを使う上で、種類に違いはあるのだろうか、と疑問を感…

泌尿器疾患は猫に多い病気!その症状と観察のコツは?

猫の病気の中でもかかりやすいのが、腎臓病や結石などの泌尿器疾患です。注意したい初期症状や猫の観察のポイントな…

関連するキーワード