猫のしっぽにはどんな役割があるの?

猫のしっぽの部位は、体のバランスを保つ大きな役割を担っています。また、しっぽにある臭腺でマーキングをして縄張りを強調したり、寒い時は、マフラーのような道具として使います。また、しっぽで豊かな感情の表現もでき、声以外に感情を表すものとして使っています。

しっぽがアンテナのように立つ、それは「かまって」のサイン!

出典:shutterstock

猫がしっぽを立てて、足の間をすりすりしてきたり、走り寄ってきたら「かまって~」と甘えているサインです。嬉しいときや、甘えたいときなどに見せてくれる仕草で、こんなときは、なでてあげたり、スキンシップをはかってあげるとよいでしょう。

きつねのようにしっぽが太くなったら、それは「威嚇」のサイン!

出典:shutterstock

猫のしっぽがキツネのしっぽのようにモフっと太くなったときは、攻撃態勢の状態で、恐怖を感じたり、相手を威嚇したりするときの感情を表しています。毛を逆立てることで、体を大きく見せ相手を威嚇しているので、恐怖、威嚇の対象を取り除き、気持ちが静まるまでそっとしておいてあげましょう。

しっぽを大きくバタンバタン、それは「イライラ」のサイン!

猫がかわいくて執拗に触ったりしていると、しっぽを大きくバタンバタンと振ることはないですか?これは、イライラしているサインで、短気な猫は、この仕草のあと猫パンチをしてくることもあります。こんな時は、「イラついているのか~」と猫の気持ちをくみ取って、少しそっとしておいてあげてみてください。

寝ているときに名前を呼ぶとしっぽを振ってくれるのは、「返事」のサイン

寝ている猫に声をかけると時々しっぽを小さく振ってくれるときがあります。これは、「は~い」と返事をしているサインです。めんどくさがりの猫は、わざわざ起き上がりたくないので、しっぽで代わりに返事をしているというわけです。かわいい仕草の1つですね。

窓を見ながらしっぽがピクッと、それは興味を持っているサイン

猫が窓から小鳥を見ていたり、おもちゃの動きを見ていたりすると、しっぽの先がピクッと動くのを見たことはありませんか?この動きは、「何かいるぞ!」と好奇心を抱いているときに見せてくれます。おもちゃで遊んあげているときに見せてくれたら、それはおもちゃに興味を持っているというサインです。


いかがでしたか?まだまだ他にも多様なしっぽの動きはありますが、猫のしっぽの動きを細かく見ることで、猫の気持ちが少し理解でき、猫との距離がまた1歩縮まりそうですね。愛猫とのコミュニケーション手段の1つとしてぜひお役立てください。最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

関連する読みモノ

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイント

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイントについてまとめました。子猫の時にしっかりとコミュニケ…

猫の抜け毛と掃除は永遠の戦い!猫の抜け毛がサッと片付くお掃除方法と便利グッズ

洋服に愛猫の抜け毛が付いているのを外出先で見つけた経験ありませんか?抜け毛は掃除機でも粘着テープでも取り切れ…

猫と遠出するなら!猫とおでかけするときに用意しておきたいグッズ7選

愛猫と旅行に行ったり少し遠出のお出かけの時にはいろいろなお助けグッズが必要になります。ネコ用ハーネスやキャリ…

関連するキーワード