室内で飼われている猫は夏の暑さが苦手です

出典:shutterstock

猫はご先祖様が砂漠出身ということもあり、犬などに比べて暑さには強いと言われてきましたが、現在ペットとして室内で飼育されている猫は犬と同様、夏の暑さは苦手の様で、夏バテしてしまう猫も少なくありません。

そのために、夏場は猫が涼しく過ごせるよう工夫し、体調の変化に気をつけることが大切です。

被毛の生え替わり周期が曖昧になったことが原因です

なぜ、暑さに強かった猫が夏バテしてしまうようになったのでしょう?

それは、室内飼育される期間が長くなるにつれ、日に当たることもあまりなくなり、保温と断熱の役割を果たす被毛の生え変わりの周期が曖昧になったため、以前は夏場には被毛を減らし体温調節していたのが上手くいかなくなったためです。

体温調節も兼ねている猫の毛づくろい

出典:shutterstock

猫はよく体をなめていますが、これも猫が自分で行っている暑さ対策の1つです。毛づくろいをすることで余分な毛を取り除いたり、唾液が乾く時の気化熱により体温を下げているのです。

ただし、この行為は抜けた毛を猫が飲み込んで腹中に毛玉が出来る原因にもなるので、人がこまめにブラッシングしてあげると良いでしょう。

自分で涼しい場所へ行けるようにしてあげましょう

出典:shutterstock

猫を留守番させる際には、クーラーが停電等で止まった場合なども想定して、猫が部屋から自由に出られるようにしておいてあげましょう。

猫は涼しい場所を見つけるのが得意なので、浴室のタイルの上や玄関のたたきなど自分で涼しい場所へ移動することが出来ます。クールマットなど体を冷やせるものを用意するのも良いですね。

万が一熱中症になってしまったら体を冷やして病院へ

散歩など屋外に出かける機会の少ない猫が熱中症になることはあまりありませんが、クーラーの効かない締め切った室内や車内にいた場合や、高齢な猫の場合は熱中症になる危険があります。

呼吸が荒く触った時、いつもより熱く感じたら熱中症の危険がありますので、すぐ体を冷やして、病院に連絡し指示を仰ぐようにして下さい。

じっとしてるのは夏バテではなく体力温存のためかも

夏場に、猫がじっとして動かないからと言って必ずしも夏バテとは限りません。体力を温存するために動かない場合もあるからです。夏バテかどうかを見極めるには日頃の猫の生活をよく観察しておきましょう。

食事の量や、おしっこ、うんちの量に変化がなく、おもちゃやおやつに反応を見せるようなら、まず大丈夫でしょう。

まとめ

犬の夏バテや熱中症に比べ、猫の夏バテや熱中症は、あまり気にかけられていない気がします。犬の様に毎日散歩に行くことのない猫は、体調の変化に気が付くのも遅れがちになるからかもしれません。

猫にも夏バテや熱中症があることを知り、その予防に気をつけてあげるようにしましょうね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

猫の痙攣、もしかして「てんかん」かも!てんかん発作を起こした時の対処法

突然愛猫が目の前で痙攣し始めて意識を失ったら?想像するのも怖いのですが、もしかしたら起きるかも知れません。猫…

猫アレルギーについて考えよう!予防対策とお役立ちグッズ

猫好きで花粉症などのアレルギーがある人は猫のアレルギーについても気になりますよね。猫アレルギーの予防策を、役…

猫用トイレはピッタリサイズよりも全長の1.5倍の大きいサイズのほうがいい!? 

市販の猫用トイレはうちの猫には狭すぎる……そんな悩みをお持ちの方へ、大きな猫用トイレをご紹介します。

関連するキーワード