猫を屋内で飼うのはかわいそうなことなのでしょうか

以前は猫は自由に家に出入りし、外からネズミや虫をくわえて帰ってくる、なんてことも珍しくありませんでした。今も郊外であれば自由にしているお宅は多いものです。

しかし、近隣トラブルやケガなど実際にはさまざまなデメリットもあるのです。
猫を屋内で飼うには大変なこともありますが、メリットの方が多いのです。

ケガや事故の回避に繋がります

出典:shutterstock

住んでいる地域や立地にもよりますが、猫が自由に外に出ることで交通事故をはじめ思わぬ怪我に見舞われることも多くなります。

特にオス猫の場合には縄張り争いなどで他の猫と喧嘩になることもあり、意外と怪我をすることも多いものです。屋内で飼育するとこの危険性がかなり回避されることになります。

感染症などの危険性を回避することができます

猫にも、他の猫との交流によって引き起こされる様々な病気があります。特に猫エイズなどは近年問題視されている感染症の一つです。

猫のすべてがしっかりワクチンやノミ・マダニ予防をしているとは限りません。野良猫や管理の行き届いていない猫からの不要な感染の心配が無いのが屋内飼いの大きなメリットです。

愛猫が近隣トラブルの原因になりません

出典:shutterstock

猫は何処でも自由に入ることが可能です。塀を伝って凛家の庭に侵入したり、中には他所のお宅でご飯までごちそうになっている、なんてことも少なくありません。

中でも近隣の迷惑になりやすいのが糞尿の問題です。特に庭先や植え込み、鉢植えなどにすることもあり迷惑なだけでなく、近隣トラブルに繋がることもあります。

望まない繁殖を防ぐためにも、屋内飼育が基本です

避妊手術や去勢手術も大切ですが、屋内で飼育することで思わぬ繁殖を防ぐことができます。

猫の健康と子猫の譲り先を考えた上での計画的な繁殖であれば問題はありませんが、不用意に繁殖してしまうことは命を大切にすることには繋がりません。子猫の行き先に困る事態にもなり、結果可哀想なことなのです。

室内では十分な運動スペースを取りましょう

出典:shutterstock

メリットは大きいですが、室内で飼うにはもちろん、十分な運動量を保てる工夫も大切です。キャットタワーなどを設置したり、外に出さない分室内では自由にしてあげるのも大切です。
外にもリードを付けてあげるなどして時々出してあげるとストレス解消に繋がります。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

猫は室内で飼うのを好まない人もいるようですが、近隣で迷惑行動を起こしてしまったり、思わぬ事故などのトラブルも考えると室内飼いは安全で安心です。

怪我などの他にも、思わずものを食べて危険な状態に陥る場合もあります。猫の安全と近隣の迷惑にならない飼育法を心がけましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

コーヒーと雑貨で犬猫が救える!?猫の保護基金「Buddy」とは?

コーヒーや猫関連の雑貨を買うことで、犬猫の保護に役立つ活動を行っているのが「Buddy」です。今回は「Bud…

愛猫と散歩したい!お散歩したい猫ちゃんのための注意点

最近猫が散歩しているのを見かけることも増えました。でも本当に猫にとってお散歩は必要なのでしょうか。お散歩する…

悲しすぎる!猫の前でマジックを披露した結果・・・

猫の前で得意げにマジックを披露するアメリカ人の男性。猫の態度はことごとく悲しいものでした( ;∀;)

関連するキーワード