猫の花粉症を知っておきましょう

日本人の4人に1人が花粉症と言われるぐらい身近なアレルギーですが、ペットの花粉症も認められてきています。

猫はもちろん症状を伝えられないですし、人の花粉症の症状や治療と全く同じではないので、十分気を付ける必要があります。

今回は猫の花粉症について詳しくお話しします。

猫は人よりも花粉に触れやすいので特に注意!

出典:shutterstock

猫もスギ花粉等が原因で起こるので、冬の終わりから春にかけて症状が出現しやすいです。

猫には「そろそろ花粉の季節だから気を付けよう」なんていう認識はないでしょうから、飼い主さんが気を付ける必要があります。

室内飼いでも外から花粉が入りますし、猫の生活は床に近いので、たまった花粉に触れやすくなります

猫の花粉症の症状は、クシャミよりも皮膚に出ます

人の花粉症は目・鼻・喉などに症状が集中しますが、猫の場合その多くは皮膚症状であり、鼻水が出ることもあります。

そもそも猫はそんなにクシャミをする動物ではないですが、鼻水が出ていれば「風邪かな?」、皮膚症状があれば「皮膚の病気かな?」と考えます。

もし、春先に皮膚や鼻に症状が出たら花粉症かもしれません

皮膚の症状は主に赤みやかゆみです

皮膚症状は皮膚のかゆみや赤み等です。

かゆくて掻いたりすると毛が抜けることもあります。

猫の抜け毛は多いですが、部分的に毛がなくなるような抜け方はしないので、地肌が見える場合は病気の可能性があります。

脱毛は体の舐めすぎやストレスが原因だったり、皮膚の赤みやかゆみはノミやアトピー等が原因のこともありますから、動物病院の先生に早めに診察してもらうことが大切です。

猫の花粉症、治療や予防策はあるのでしょうか

皮膚症状や鼻水が出る場合、動物病院に相談しましょう。

花粉症の診断は難しく検査をしないこともあるようです。

治療は内服が中心で完治は難しいでしょう。

猫はマスクやうがい等の予防は困難なので、環境を整えることが大切です。
外出する猫には帰宅時にペット用の拭取りフォームやシートで体を拭き、花粉等を取り除きましょう。

猫の花粉症対策は、人間の花粉症対策と変わりません

出典:shutterstock

猫の花粉症予防は、
「花粉を家に入れない」「こまめな掃除」
「空気清浄機の使用」です。

床掃除は、濡らした雑巾かウェットシートで拭いた後に、掃除機をかければ花粉は舞いません。
ウエットシートは簡単ですが、無香料で猫が掃除後に床をなめても安心なものを選びましょう。

空気清浄機は玄関や猫のベッド周辺に置くと効果的です。

まとめ

花粉症の人もそうでない人も、猫にもアレルギーがあると知っておくだけで、観察するポイントやタイミングなどを把握できます。

重症化しないように日頃から予防に努めておくと安心ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

関連する読みモノ

初めての方にもおすすめ!静かで大人しいブリティッシュショートヘアのしつけ方

ブリティッシュショートヘアのしつけ方は猫の種類の中でも賢い猫なので、しつけ方をマスター出来ればすぐに人懐こい…

トラブルになる前に!お散歩デビューに準備するべきことまとめ

犬の飼い方・しつけの中で習慣にしたいのが散歩です。犬を運動不足にさせない以外にも、ストレスを失くす効果もある…

猫の抜け毛シーズン到来!抜け毛対策と掃除方法

猫の抜け毛は服に付くと目立つし、アレルギーの原因にもなります。しっかりお掃除して、抜け毛を部屋から持ち出さな…

関連するキーワード