口の中の以上は気づきにくいからこそ早めのケアが肝心

皮膚・毛・目・耳等に比べて、口の中の異常には気づきにくいですよね。猫の口の中を観察できるタイミングは、あくびの時にチラッと見える程度です。症状にいち早く気づくための目安は、口臭と出血です。最近少し臭うかも?と感じたら、早めの対処が大切です。

今回は、歯周病と猫のハミガキの方法についてご紹介します。

人間と同じく、歯周病は猫にとっても注意したい病気です

出典:shutterstock

歯周病は、人だけでなく猫にとっても重要な病気です。歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称で、最初は歯肉炎から始まります。歯周病は、たまった食べかす等の歯垢に潜む細菌の増殖や、口の中の傷が炎症を起こすこと等が原因で起こります。

また、歯垢はケアをしないと歯石になり、さらに歯垢を増やす原因になりかねません。

歯石の除去は、猫の安全上、全身麻酔の可能性が高くリスクもあり、日頃からの予防が大切になります。

歯茎のの出血や口臭の症状、高齢猫は特に注意が必要です

歯茎が赤く腫れ、出血がみられたら要注意です。おもちゃを噛んだ時に出血があるのは、サインかもしれません。腐ったような口臭、歯のぐらつき、食事時間が長くなる場合もあります。

持病や高齢猫で免疫力がダウンしている場合は、細菌の増殖を抑えられないので、悪化しやすく注意が必要です。

症状が見られたら早めに受診しましょう

症状が出たら、早めに動物病院に受診しましょう。出血や口臭が歯周病によるものか、他の病気によるものか、それとも一時的で心配ないものか、を診てもらいましょう。

治療は、歯茎の炎症なら洗浄剤の使用、抗生剤等の投与、ハミガキ等ですが、悪化している場合、猫に全身麻酔をかけて歯石等の除去をするか、抜歯することあります。

猫も人間も、日頃の予防が大切です

出典:shutterstock

食事をウエットからドライ中心にし、デンタルフードを取り入れるのも有効です。ハミガキに抵抗が少ないように、日頃から口やにおいを観察し、飼い主が猫の口に触りやすいよう慣らしておくと安心です。

まずは、濡らしたガーゼを指に巻きつけて優しく拭くことから始めます。
安全のため厚手の手袋をはめ、猫の頭部をしっかり支えましょう。

ハミガキが苦手な猫にもおすすめの便利グッズがあります

ハミガキが苦手な猫ちゃんには、
「猫用のハミガキシート」
「猫が好きな魚味などのハミガキジェル」
「指にはめて使えるフィンガーハブラシ」
などの便利グッズがおススメです。種類も豊富なので、愛猫に合うものを探してみましょう。猫がハミガキがおいしい時間だとわかると、抵抗も少なくなります。

お手軽なスプレータイプや飲み水に混ぜる歯石ケアもありますので、獣医さんに相談しましょう。

まとめ

人用のハブラシやハミガキ粉、歯周病ケアグッズ等は、猫にとって良くないものもあるので、必ず猫用を使用しましょう。

口の中や歯を触られるのが平気な猫は少ないです。最初は驚いて逃げたり噛むこともあるので、無理強いはせず、ケガをしないように気を付けてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

猫の嘔吐の原因になりやすい毛球症(ヘアボール)、どうしたら減らせるの?

猫の毛球症、ご存知ですか?「体内にある抜け毛でできた毛玉」のことで、別名ヘアボールとも言います。猫が吐いてし…

命にかかわる病気!?猫の嘔吐で考えられる病気、気をつけたい5つのこと

猫は他の動物に比べるとよく吐きます。子猫から高齢猫まで原因は様々で、最初は心配してしまいます。そのうち慣れ…

今すぐ実践しよう!猫の病気予防と早期発見のためにできる健康チェック

猫の健康は飼い主にとっても大切です。病気なら少しでも早く気づいて受診したいですが、病気かどうかの判断は難しい…

関連するキーワード