毛球症、短毛猫より長毛猫のほうが2倍も多いです

出典:shutterstock

猫は自分の体を舐めて清潔を保ち気分を落ち着かせていますが、その分抜け毛を体内に取り込んでしまっています。それが胃の中で球状になり、詰まらないように吐き出していますが、毛玉を吐き出す頻度は長毛が短毛の2倍と言われています。

毛球症と上手に付き合っていくためにできることを調べました。

毛球症対策1、毛玉ケア用の食事に変更してみましょう

まず現在与えているフードを毛玉ケア対応のものに変更します。

フードの食物繊維が増やされているので、胃の中の毛玉を便と一緒に排出しやすくしてくれます。

対応フードを嫌がる場合は、なるべく胃や腸の中をゆっくりと動いて胃腸の活動を活発にしてくれるように、粒の小さいドライフードを選ぶようにしましょう。

毛球症対策2、入念なブラッシングを行いましょう

出典:shutterstock

グルーミング時の抜け毛取り込みを減らすことが、毛球症改善に一番効果のあることです。毎日ブラッシングをし、特に抜け毛の増える換毛期は入念にブラッシングをすることが大事です。

ブラッシングを極端に嫌がり毛球症で頻繁に吐いてしまう場合は、毛を短くカットすることも検討しましょう。

毛球症対策3、ウエットフードの混ぜてサプリメントを与えてみる

食事やブラッシングなどをしてもあまり改善がみられないときは、サプリメントを使用してみるのもいいでしょう。味や臭いがなく食事に混ぜて与えやすいので、おやつやウエットフードなどと一緒に与えるといいでしょう。

必ず用法用量を守り、与えた後少しでも様子がおかしいと感じたら獣医師に相談をして下さい。

食欲が落ちて体重が減ってきたら、病気の可能性もあります

短毛種なのにかなり頻繁に毛玉を吐いたり、以前はほとんど吐かなかったのに最近吐く頻度が上がったと感じたり、毛玉を吐くのと同時に食欲が落ちて体重も減ってきたと感じた場合、皮膚病や内臓疾患など別の病気の可能性があります。

毛球症だと思いこまず、隠れた病気のサインを見逃さないように

皮膚病になると、舐めすぎて体内に抜け毛を大量に取り込んでしまうので吐く回数も増えます。ノミ・ダニ・アレルギー・真菌症によるものや、心因性のものもありますので、よく観察してみてください。

また消化器系疾患の場合も吐く回数が増えます。

まとめ

いかがでしたか?

人間でも辛い”吐く”行為を少しでも減らしてあげて、快適に過ごさせてあげたいですよね。まずはすぐにできる食事とブラッシングで対策をしてあげましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

早めに気づくのが大切!愛犬の夏バテ度をチェックしよう

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

コタツで丸くなる季節到来! そして猫のトイレトラブル発生の季節到来

猫が寒さで丸まったり暖房で伸びたりする季節……冬。恍惚の表情でまったりする猫にほっこりできる季節である一方、…

春到来!猫のノミ・マダニ対策にはフロントラインプラスがおすすめ

春になり暖かい日が増えるといつもは室内で管理している猫でも、お庭で時々歩かせたり、ベランダで自由にするという…

関連するキーワード