愛猫の理想体型を知っておきましょう

出典:shutterstock

愛猫を抱っこすると、重たくなったと感じることありませんか?

猫の体重は、動物病院で年に数回測定するぐらいで、自宅ではそんなに測りません。
猫の肥満は様々な疾患のリスクを増やすので、適切な予防で猫の健康を保ちたいですよね。

今回は、猫の平均体重や肥満のリスク、理想的な体型のチェック方法をお伝えします。

猫の平均体重、病院でも教えてもらえます

猫の体重測定の多くは動物病院でしょう。

猫の平均体重は体格にもよりますが、3-5kgと言われています。
体格の小さい猫は3kg以下でも、大きければ7kgでも問題ない場合もあります。

猫の体重が100g単位で増えても、大きな変化には思いませんが、猫の体格で考えるとかなりの増加なので注意が必要です。

猫の正確な体重を測りたい時は、ペット用体重計がおすすめ

自宅で体重測定をしたい場合、人間用の体重計では、デジタル式でも100g単位がほとんどで、詳細な猫の体重の変化はわかりづらいです。

また、体重計におとなしく乗ってもらうのは難しいので、ペット専用の体重計をおススメします。

「リッチェル」は計測単位が細かく、キャリーバッグに入れたまま計測できるので猫も安心です。

太りやすい猫の特徴は、運動不足意外に病気が原因のことも

抱っこが以前より重く感じたら要注意です。
お腹のお肉が下がり始めたら、ダイエット対象です。

猫が太る原因は、食べすぎや運動不足だけでなく、オスよりはメス、避妊・去勢手術後、高齢猫、内分泌系の病気等もリスクが高いです。

運動量は、多頭飼いに比べ一匹の室内飼いの方が少ないですし、ケガ等が原因でも減少します。

太ってくると病気のリスクが高まります

猫の肥満は基本的に人の場合と似ています。

心臓、呼吸器など内臓への負担や、糖尿病、泌尿器疾患のリスクも増えます。

また、関節や靭帯、椎間板などの体を支えるところの負担も大きくなるため、体が重く関節もしんどくなります。すると、より運動不足になり肥満が悪化しがちです。

そのため、猫の肥満を判定し、早めの対処が必要です。

見て触ってわかる!体型もしっかり観察しましょう

出典:shutterstock

毎日一緒だと変化に気づきにくいので、意識してチェックしましょう。

胴体を触り、肋骨が皮下脂肪の奥に触れるかを確認します。肋骨が触れなければ脂肪が付いています。

歩いている様子を真上から見て、軽いくびれがあれば理想的です。

腰が横にふくらんで丸くなってきたら、体重が増えてきているので、ダイエットを開始しましょう。

長毛種は見づらいので要注意です。

まとめ

猫の平均体重はあくまでも目安なので、日頃から胴体やくびれの状態を観察しておくと安心です。

猫は顔の大きさは変わらずに体だけ大きくなりがちなので、真上から見ることが大切です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

【検証あり】どこで選ぶ? 愛猫にとってベストな猫砂選びのポイント(前編)

きれい好きな性格の猫はトイレに対するこだわりが強く、トイレが合わないとうまく排尿できず、膀胱炎などの泌尿器ト…

愛猫と仲良くなれちゃう!?猫の健康もサポートする癒される肉きゅうマッサージ

猫の肉きゅうは猫好きさんにはたまらない部位です。猫ちゃんも飼い主さんも癒されながら、肉きゅうをマッサージして…

猫にアロマは危険って本当ですか?アロマテラピーと猫の危ない関係

猫にとって、アロマの精油が「毒」だという獣医さんもいます。現在症例は多数ありますが、メカニズムはまだまだ研究…

関連するキーワード