アゴにできた黒いツブツブ、要注意です!

猫のアゴの裏に、黒いゴマのようなツブツブが付いているのを見たことはありませんか?
実はこれが猫のニキビです。

一見、汚れのように見えますし、ニキビと聞くと放っておいても良さそうですが、健康のバロメーターでもあるので、しっかり対策をした方が安心です。

今回は、猫ニキビの原因や予防策についてお話しします。

猫ニキビの多くはアゴの下にできる黒いツブツブ

出典:shutterstock

猫のニキビのほとんどはアゴの下にできる黒いツブツブです。脱毛や腫れ、黒ずみ、痛みなどが生じると、違和感から引っ掻いて出血したりすることもあります。

重症化することもあるのでこまめに観察しましょう。
アゴの下を撫でる時、上を向いて寝ている時が観察のチャンスです。

アゴの下をしきりに掻く回数が増えたら気を付けましょう。

猫にニキビができる原因は?

人のニキビは、ホルモン・栄養・体調の乱れ、ストレス等からも生じますが、猫の場合の原因も似ている面があります。

免疫力が落ちることで、原因となるバクテリアをおさえることができなくなります。

猫はアゴと食器が触れやすいため、食器によるもの、去勢・避妊手術等によるホルモンの乱れ、ダニ、投薬の影響もあるようです。

生活環境が原因で起こることもあります

プラスチック製の食器はバクテリアが増えやすく、アレルギーのリスクもあります。また、金属製の食器もアレルギーに注意が必要です。

ストレスや食事が合わないことによる皮脂の過剰分泌、食器や水飲み場が不衛生、毛づくろい不足も原因となります。

ケガや病気をした猫、高齢の猫は体力も弱くなり、毛づくろいの頻度も減るので特に注意が必要です。

猫ニキビの予防と対処方法は、清潔にすること!

出典:shutterstock

主な予防と対策は、「食器の工夫・清潔にする」「アゴ周辺を清潔にする」です。

食器は陶器かガラス製にし、エサがアゴやヒゲに付きづらい形状のものにします。

また、食器や水飲み場を清潔に保つことが大切です。

濡らしたガーゼやぬるめの蒸しタオルなどで、定期的にアゴを優しく拭き、拭いた後は毛を濡れたままにしないで、乾いたタオルなどで拭きましょう。

心配な時は、早めの受診がおすすめです

食後はアゴにエサが付いていないか、アゴの皮膚の状態、痒がる様子はないか、こまめにチェックしましょう。

食事内容の見直しや、猫のストレスで思い当たることがあれば取り除くことも必要です。

猫のアゴ周辺と生活環境をキレイに保ち、ニキビを優しく拭取る処置をしても治らない場合は、早めに動物病院に受診しましょう。

まとめ

症状や原因、予防法や対策を知っておくと、早期発見ができて重症化も予防できます。
軽いうちに動物病院の先生に相談しておくと安心ですね。

普段から、愛猫の体や様子を撫でながら観察しておきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

可愛すぎる♡ミルクを飲んでご機嫌モードな子猫ちゃん♪

あどけない表情がたまらない、子猫のおはぎちゃん。 ミルクを飲んでご機嫌モードに突入する姿が可愛いです♡

イタズラ好きな猫は特に気をつけたい!命にかかわる腸閉塞の治療方法

ビニール袋やひも状のものが大好きな猫ちゃん、うっかり飲み込んでしまった経験はありませんか?腸閉塞になったとき…

賃貸で猫を飼うには何が必要?猫用の出入り口を準備しましょう

賃貸で猫を飼うにはペット可の物件を選ぶのが第一歩です。猫が室内を自由に移動できる部屋でなければ、猫の生活に支…

関連するキーワード