命に関わる腸閉塞には要注意です

腸閉塞になると吐き気や嘔吐が見られ、酷いときは水を飲むこともできず脱水症状を起こし命を落としてしますことも。

水を飲むがすぐに吐いてしまう、背中を丸めお腹をかばうような姿勢をとる、便が出ていないなどの症状が見られれば要注意です。病院に連れて行ってからの流れを書いていきます。

誤飲が疑われたら、まずはレントゲン

出典:shutterstock

猫が誤飲するもので多いのは、ひも状のオモチャ、人間のヘアゴムなどで金属ではないことが多いので、レントゲンだけではわからず入院してバリウム検査をします。どこで詰まっているのか、はっきりと写すことができます。稀にバリウムを吐いた際に異物も一緒に吐き出すことがあります。

手術が決定したらその日のうちに緊急手術

バリウム検査の結果が出て手術が決定したら、基本的にその日のうちに緊急手術をすることが多いです。しかし麻酔をかけても大丈夫かどうか、脱水を起こしていないかの検査も必ずします。脱水を起こしていれば輸液を行い、手術に備えます。

開腹の前に、内視鏡でチェックします

まずは内視鏡検査をします。どの辺にあるのかをチェックし、同時にカンシを使って異物を取りのぞくことも試みます。細かい作業なのでなかなか難しいのですが、運よくここで取り出せると開腹はしなくても良くなります。時間がかかりそうだったり、難しければ開腹手術となります。

手術後はしばらく絶食絶水になります

出典:shutterstock

胃や腸を切開しているため、手術後3日間程はご飯もお水も与えることができません。点滴で栄養や水分を補給して、3日後くらいから流動食を開始します。

ストレスで食べない子もいれば、よほどお腹がすいているのかガツガツと食べる子も。

退院後は飼い主が誤飲させないようくれぐれも気をつけること

猫の中では誤飲したことと今回の手術が結びついていないため、これに懲りて、なんてことが通用しないんです。遊んで口にしてしまいそうなものは猫の手の届かないところに!

誤飲を繰り返す子は、何度でも繰り返します。ここまでくるともう飼い主さんの責任になってしまいます。

まとめ

うっかりが、こんな大きな手術になってしまうんです。料金も病院によりますが、十数万することも。イタズラ常習犯な子は、保険に入れておくのが賢明かもしれません…。その前に、うっかり誤飲をなくしましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

可愛い子猫♥はじめてのお風呂でどうなった?!

生まれて初めてのお風呂に挑戦する黒猫ちゃん。上手にお風呂に入れるかな?

愛猫の健康に直結する猫のトイレ環境をもう一度考えてみませんか?

人間も猫もトイレは落ち着いてゆっくりしたいもの。愛猫のトイレ環境はどうですか?愛猫の健康のため、リラックスし…

犬を飼うなら知っておきたい!避妊手術・去勢後の生活

愛犬のために避妊・去勢手術を考える方も多いのではないでしょうか。忘れがちなのが大切な手術後のケアです。また、…

関連するキーワード