オススメグッズを使って、愛猫をブラッシングしましょう

猫の抜け毛の量に驚いた経験ありませんか?
掃除も大変ですが、猫が抜け毛を飲み込んで吐き出せなくなるトラブルもあるので心配ですよね。

ブラッシングが必要だとは思っても、嫌がられたり続かなかったりします。そんな時にオススメのブラッシングのコツや、ブラシの選び方、便利グッズをご紹介します。

毛づくろいが上手な猫にもブラッシングは必要なのでしょうか

出典:shutterstock

猫のグルーミング能力はピカイチです。

しかし「毛玉ケア」という言葉があるくらい毛づくろいで猫が飲み込んでしまう毛量は多く、長毛種や抜け毛が増える季節は特に大変です。

飲み込んだ毛が原因で病気になる危険もあるので定期的なブラッシングが大切です。

スキンシップや体の健康チェックもできるので毎日行いましょう。

愛猫も喜ぶ、効果的なブラッシング方法

猫用ブラッシングローションで、絡まりを防いでブラシ通りを滑らかに!
ブラッシングが苦手な猫は短時間から始めましょう。

猫自身では触れない後頭部から始めると嫌がりづらいです。

猫の毛をよく観察し毛の流れに沿って、
「頭→胴体→シッポ→お腹」
などの順に行います。

最初は目の粗いブラシで毛の絡まりをほぐすと痛くなりにくいです。


また、猫用ブラッシングローションを使うと、絡まりづらいのでブラッシングもやりやすく猫も痛くなりづらいです。さらに、毛の掃除も楽になります。

猫用のブラシはどういうものを揃えたらいいの?

静電気がおきにくい豚毛等のブラシや、クシは先端が皮膚を傷つけない丸いもので、目の粗い・細かいもの両方があると便利です。

クシは長毛種の毛玉をほぐしたりノミ取りもできます。

取った毛が散らばらないようにゴミ袋や粘着テープ等も準備しておくと便利です。

「毎日寝る前」などの時間を決めて、習慣化すると良いですね。

ブラッシング嫌いの猫にもおすすめの抜け毛も取れるラバーブラシ

出典:shutterstock

ブラッシングが苦手な猫には、シリコン製の柔らかいラバーブラシがおススメです。

「マッサージ効果」「艶出し」「丸洗い可」
「毛がまとまるので捨てるのが簡単」等のメリットが多く、ブラッシング好きにしたい場合に適しています。

ブラシを出すと逃げる場合、ミトンタイプだと手袋のように使え、なでる感覚に近いのでおススメです。

抜け毛をしっかり取りたいならファーミネーター

長毛種ではピンブラシやスリッカーが適していますが、慣れないと嫌がる猫も多いです。

お値段は張りますが、ファーミネーターは痛くなりにくく、軽いブラッシングで抜け毛の90%が取れるというお驚きの商品です。
猫の種類や体格別に4種類から選べます。取り除いてたまった抜け毛も、ワンプッシュで捨てられるので後片付けも簡単です。

まとめ

ブラッシングは健康チェックやスキンシップだけでなく、抜け毛の掃除も楽になるので毎日できるだけ続けましょう。

猫が嫌がる場合は無理をせずリラックスしている時を狙います。

猫ちゃんも飼い主さんも楽しめるように、使い勝手の良いものを選んでくださいね。
最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

関連する読みモノ

可愛すぎる♡ミルクを飲んでご機嫌モードな子猫ちゃん♪

あどけない表情がたまらない、子猫のおはぎちゃん。 ミルクを飲んでご機嫌モードに突入する姿が可愛いです♡

オス猫の去勢、やっぱりした方がいい?手術後に注意する点は?

メス猫の場合は「子猫が増えると困る」という理由で避妊手術がすすめられます。オス猫の場合は去勢するべきなのでし…

愛猫の快適な寝床を作るヒミツ!?猫の睡眠環境を整えよう!

「寝る子」という言葉が「ねこ」の語源という説があるくらい、よく眠る猫。睡眠環境をしっかり整えることはとても大…

関連するキーワード