していない飼い主さんも多い、猫の耳掃除

突然ですが、愛猫の耳掃除をしたことはありますか?

もちろんする必要のない子もいますが、耳の中をのぞいてみて黒い耳垢が見えたらぜひ行ってください!放っておくと病気になることも?!猫の耳掃除、一緒にやってみましょう。

耳掃除をする目安は黒い耳垢が見えたら

まずは愛猫の耳の中をのぞいてみましょう。見える範囲の内耳がピンク色の場合は、あえて耳掃除をする必要はありません。猫により耳垢が溜まりやすい体質の子は、黒い耳垢がついているのが見えると思います。これを綺麗にふきとってあげることで、猫の耳掃除は完了になりますよ。

耳掃除の方法は、そっと拭いてあげるだけ

出典:shutterstock

耳掃除の方法はとっても簡単。指先にティッシュを一枚ぐるぐると巻きつけて、愛猫の耳の中をぐるっと拭いてあげるだけです。

もしこびりついて取りにくい場合は、ウエットティッシュや耳掃除用のローションを利用するといいでしょう。ゴシゴシこすらないよう、優しくふいてあげるようにしてくださいね。

猫の耳掃除用綿棒みありますが、奥まで入れてしまうと危険です

ペット専用の長い綿棒が動物病院やペットショップなどで販売されていますので、そちらを利用するのもいいでしょう。

ただし、猫の耳は入り口すぐで大きくカーブしているので、奥まで綿棒を入れるのは危険です!耳を傷つけないよう入り口付近の見える範囲のみを優しく掃除してあげましょう。

耳垢の出やすい体質なら定期的に耳掃除をしましょう

出典:shutterstock

体質的に耳垢が溜まりやすい猫は、放っておくと内耳炎や中耳炎など耳の病気にかかりやすくなります。また耳の垂れたスコティッシュフォールドは、耳の通気性が悪く内部が湿って耳ダニや炎症を起こしやすい品種です。

愛猫の体質に応じ定期的に耳の状態をチェックし、掃除をしてあげましょう。

耳掃除の仕上げに、臭いもチェックしてあげましょう

耳掃除をするときには、一緒に耳の中の臭いもチェックしてください。何だか嫌なにおいがするな、と思ったら一度動物病院で診てもらうことをオススメします。臭いがするときは耳ダニや耳疥癬など病気の可能性があります。耳掃除の必要のない子もときどき耳の臭いチェックはしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
体質や品種により耳掃除が必要な頻度は異なりますが、簡単にできるのでぜひやってみてくださいね。ただし奥まで綺麗にしようとムリはしないようにしましょうね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

屋内で猫を飼う時、猫草っては必ず用意した方がいいの?

屋内で猫を飼うには、植物に触れる機会が少ないので猫草が必要だと思われがちです。今回は、猫草の必要性や育て方に…

どれにする?猫トイレの種類と選び方

毎日使う猫トイレ。人にとっても猫にとってもぜひ使いやすいものを選びたいですよね。あなたの猫にぴったりの猫トイ…

猫が粗相!臭いの元の発見にはブラックライトが強い味方

猫のおしっこの臭いは強烈なため、どこかで粗相をされてしまうと処理に困ります。そこで、猫がおしっこをしてしまっ…

関連するキーワード