猫におまじないって、懐かしい!?

おまじないは、子供の頃に信じてやっていたな~と、なつかしく感じる人も多いですよね。

実は、帰ってこない猫のためのおまじないの歌があるんです!
しかも、最近のものではなくて、はるか昔から言い伝わるおまじないなので、効果があるかもしれません。

知っておくと役立つかもしれない「猫まじないの歌」についてのお話です。

「猫まじないの歌」とは、どんなおまじないなのでしょうか

室内飼いの猫でも、脱走して帰れなくなることがあります。

名札付きの首輪やマイクロチップなどの対策も重要ですが、誰かに見つけてもらって初めて機能するものです。
できるだけ早く、ケガなどをすることなく帰ってきてほしいですよね。

迷子になってしまった猫ちゃんのためのおまじないの方法は、
猫の食器を伏せた下に、猫まじないの歌を書いた短冊を置いて猫の帰りを願うものです。

「猫まじないの歌」とは在原業平の和歌です

出典:shutterstock

百人一首の一つに、

「たち別れ いなばの山の 峰に生ふる(おふる) まつとし聞かば 今帰り来む」

という歌があります。

この歌が「猫まじないの歌」として知られています。
これは、在原行平(ありわらのゆきひら)の歌で、作者が別れを惜しむ気持ちを表現した切ない歌です(百人一首では中納言行平)。

855年の春、行平が因幡守に任ぜられ、赴任地へ向かうときに、送別の宴で詠んだ挨拶の歌です。

「猫まじないの歌」は現代語に訳すとどんな意味なのでしょうか

この歌の舞台は因幡の国庁(現在の鳥取県)です。

都に住む在原行平が、因幡国の守となり、遠い地方に赴任が決まった時の悲しみの歌です。

「赴任先に行くためにお別れしてしまいますが、因幡国の稲葉山の峰に生えている松の木のように、自分を待っていてくれるなら、すぐに帰ってくるよ」

という別れを惜しむ名句です。

お別れして、因幡の国へ行く私ですが、因幡の稲羽山の峰に生えている松の木のように、私の帰りを待つと聞いたなら、すぐに戻ってまいりましょう
  

別れの歌がおまじないに用いられるようになった理由は?

出典:shutterstock

在原行平の作った歌は、別れがたい切ない思いが伝わってきます。

この切ない思いは、いなくなった人や動物に、無事に戻ってきてほしいと強く願う気持ちと、通じるものがあるのかもしれません。

そのため、いつの頃からか、大切な誰かを思う気持ちを短冊に込めて、願掛けに用いられるようになったのでしょう。

「猫まじないの歌」の願掛け方法を具体的に知りたい!

この願掛けの方法には諸説あります。

紙に書いた上の句
「たち別れ いなばの山の 峰に生ふる」
を猫の普段の食器の下に置き、
猫が戻ったら、先ほどの紙に下の句
「まつとし聞かば 今帰り来む」
を書いて燃やすという方法があります。

また、下の句だけを紙に書いて、玄関の見えないような場所や人目に付かない場所に貼る方法もあります。

まとめ

おまじないとはいえ、古くから伝わる歌に秘められた思いの力は、迷い猫に届くかもしれません。
もちろん、猫が脱走しないように、去勢・避妊手術や、入り口の脱走対策、名札付きの首輪やマイクロチップなどの対策も行っておくと安心ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

猫も好きな飲み物というイメージの強い「牛乳」、実は健康に悪い?

猫が好きな飲み物というイメージの強い「牛乳」。牛乳が好きな猫も多いです。しかし人間がいつも飲んでいる牛乳は、…

水を飲みながら寝てしまった猫✩起こしてみた結果・・・!?

水を飲みながらぐっすりと眠ってしまった猫ちゃんの動画をご紹介します! じっと動かずに深い眠りに落ちた様子も、…

これは驚き!!江戸時代には犬も自由にお伊勢参りができたってホント?

江戸時代、将軍徳川綱吉によって施行された「生類憐れみの令」は広く知られています。なんと当時の犬は自由に伊勢参…

関連するキーワード