猫は本当に留守番ができるのでしょうか?

「猫は家に付く」と昔から言われるように、猫さんは、縄張り意識が強く、旅行は苦手です。ペットホテルもしかり。逆にお家でのお留守番は犬さんよりも得意。成猫ならば2泊までは一人きりでのお留守番が大丈夫と言われています。

また、戻った後お部屋が散らかり放題になっている!というような困ったこともあまりありません。

お留守番ポイント:まずはご飯と水はたっぷりと!

出典:shutterstock

ドライフードをたっぷり用意しましょう。水もこぼした場合に備えて多めに用意します。

ペットボトルの横に穴を開けて、中にドライフードを入れる「おもちゃ式給餌器」もおすすめ。カラカラ音がして楽しいようです。穴で猫ちゃんがけがをしないように、切り口はビニールテープ等でケアしてあげてくださいね。

お留守番ポイント:いたずらしないよう、室内チェックは忘れずに!

棚の上に壊れやすいものは置いてありませんか?

刃物やハサミなどは壁にぶら下げるのではなく、必ずしまっておいてください。

また、人間用の鰹節なども、しまっておきましょう。電気のコードや充電器なども、なるべくコンセントから抜くなど、いつものお出かけ前より、少しだけ念入りにお部屋のチェックをしてくださいね。

2日以上の留守番はNG!その時はペットシッターなどにお願いしましょう

出典:shutterstock

どうしても、2泊以上になってしまう場合は、家族や友人、信頼できるペットシッターさんにお願いしましょう。鍵を預け、毎日様子を見てもらいます。毎日のご飯とお水、トイレのお掃除、そして、おもちゃで15分程度は遊んでもらえるようにお願いしましょう

ペットホテルや動物病院へ預けるのは最後の手段です

事前にホテルや病院のリサーチをしてみてください。犬も猫も同じケージだったり、犬の吠える声が始終聞こえたり。

また犬はお散歩のために1日1回はケージを出られても、猫は閉じ込められたまま、など…、猫さんの性格によっては、ストレスとなる可能性が否めません。ほかの動物から感染症をもらってしまうリスクも。

まとめ

愛猫家の皆さんは、一様に「猫さんはお留守番ができるのよ」と言います。確かに、2泊程度でしたら、旅行から帰って家がぐちゃぐちゃ!粗相だらけ!という例はあまり聞きません。

でも、なかなか飼い主さんと会えなかった猫さんは、退屈し寂しい思いをしています。おうちに帰ったら、たくさん遊んであげてくださいね。

お読みくださいましてありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

関連する読みモノ

愛しいペットとの別れ、飼い主が最期に出来ることとは?

いつの日か必ず来る、大切なペットとの別れ。その時が来たら感謝の気持ちを込めて、しっかり見送ってあげたいもので…

愛猫が何度もトイレに入る…猫の頻尿に要注意

猫が何度もトイレに行くときは、病気が隠れているかも知れません。愛猫に頻尿の症状が現れたときに疑われる病気や、…

これでバッチリ!失敗しない猫の爪の切り方、4つのポイント

猫のお世話で苦労するのが爪切りです。爪が長いままでは飼い主も愛猫も怪我をしてしまうけれど、失敗が怖くてなかな…

関連するキーワード