猫をお風呂に入れるのは大変な場合が多いです

猫のお風呂で苦労している飼い主さんは多いですよね。多頭飼いの場合は労力も時間も大変でしょう。

まれにお風呂好きな猫もいますが、猫は本能的に水が苦手なので、お風呂はもちろんシャンプーなんて大の苦手です。

猫の負担を減らすシャンプーがわかれば、お互いにストレスの少ないお風呂タイムにすることができるでしょう。

水が苦手な猫にもお風呂は必要なのでしょうか?

出典:shutterstock

猫が水を嫌うのは、猫の祖先が寒暖差の激しい砂漠地帯に住み、濡れたままで過ごすと体温を奪われ命の危険があったため、その名残と言われています。

猫はとてもキレイ好きで、体臭も少なく毎日毛づくろいをするので、特に室内飼いの短毛種はお風呂が絶対ではありません。

頻度も短毛種は年2回、長毛種は月1回など様々です。

猫にお風呂が必要な時は嘔吐や汚れが付いてしまった時です

「毛づくろいが大変な長毛種」「外飼い」
「抜け毛の多い季節」「タバコの煙が付く環境」
「尿臭が強い発情期」等はお風呂が必要です。

嘔吐物や汚れ等がつく場合に備え、お風呂の準備は整えておくと安心です。

人間と猫は皮脂が違うので、必ず猫用シャンプーを準備しましょう。
猫にとって有害なものもあるので、アロマオイルの使用は注意が必要です。

猫の負担を減らすポイント ーお風呂に入れる前ー

出典:shutterstock

猫のお風呂の負担を減らすコツは、「疲れ・冷え・時間・恐怖」を減らすことなので、食事前後は避け、事前にブラッシングをし、室温は暖かく保持しましょう。

猫は嗅覚が優れているので、香料の強いシャンプーや柔軟剤で洗ったタオルは避けます。

ケガ予防に猫の爪切りは必要ですが、爪切り直後にお風呂と認識すると、両方の苦手度が高まるので数日前に済ませておくと安心です。

猫の負担を減らすポイント ーお風呂場ー

猫は暑さに弱く、耳に水が入ったり足先やシッポを触られるのが苦手です。

「お湯はひと肌かぬるめ」「背中から洗い始める」
「できるだけ顔に水をかけない」
「胴体と足・シッポは交互に洗う」を心掛けます。

途中で優しく声をかけて安心させてあげましょう。

猫の性格や安全面に注意し、市販の猫用お風呂ケージ等を使うのも一つです。

猫の負担を減らすポイント ーお風呂後ー

出典:shutterstock

最後に猫に身震いさせ水分を飛ばし、十分なタオルドライで苦手なドライヤーも弱モードで短時間にします。
後は暖かい部屋でゆっくり休ませましょう。

どうしても嫌がる場合は無理はせず、暖かい蒸しタオルやシャンプータオルで体を拭いたり、ドライシャンプーを使うのもおススメです。

不安な場合はプロに頼むと安心です。

まとめ

猫が嫌がるポイントがわかると、猫の負担を減らすことができます。猫がお風呂を好きになる可能性は低いですが、しっかり準備をし短時間で終わらせることが大切です。

愛猫ちゃんと相談しながらベストなお風呂の方法を見つけてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

屋内で猫を飼う時、猫草っては必ず用意した方がいいの?

屋内で猫を飼うには、植物に触れる機会が少ないので猫草が必要だと思われがちです。今回は、猫草の必要性や育て方に…

猫のかわいい肉球!「肉球占い」で、愛猫の性格がわかる!?

猫の「肉球占い」を知っていますか?実は猫の肉球の形などで、性格や行動傾向、飼い主との相性までがわかってしまう…

猫砂を使うメリット・デメリット

猫を室内で飼うには、トイレの用意が必要です。一般的に、猫のトイレには猫砂が使われることが多いですね。猫砂を使…

関連するキーワード