愛猫のゴハンは最初に準備しましょう

必要だとはわかっていても、後回しになりがちなのが防災グッズの準備や点検です。
人用の防災点検の際には、猫用のグッズを一緒に準備しておけば安心ですね。

今回は、絶対に欠かせない猫の「食事」に関わるポイントや、揃えておきたいおすすめの防災グッズについてお話します。

揃えておきたい防災グッズ①ペットボトルなどの「水分」

出典:shutterstock

ペットボトルの水を3日分準備しましょう☆

水は飲料用以外にも多く必要になります。
多い方が安心ですが重くなるので、救援物資を考慮し、運べる量にすることを忘れずに!

硬水のミネラルウオーターの場合、ミネラルが含まれるので、泌尿器系の疾患を持つ猫には、負担がかかることがあります。

水は日本の水道水に近い「軟水」を選ぶと安心でしょう。

人間用と猫用と、別々の水を準備しないといけないのでしょうか?

人用と猫用両方の水を準備はできても、運ぶのが大変です。

「みんなの水」ならペットにも安心の硬度0の超軟水だから安心です♪
500mlと2Lの両方を揃えておくと便利です。

猫の腎臓病予防にもおススメですよ。

市販のペットボトルに付けて使えるお出かけ用の「ボトルトップ」を準備しておくと、いつでも水分補給ができます。

揃えておきたい防災グッズ②食べ慣れているいつもの「食料」

出典:shutterstock

食料は「小分けパックのドライ」「缶やパウチのウエット」など、猫が慣れているいつものゴハンを、猫の数や年齢に応じて準備します。

水に比べ、猫の食料等の支援物資が届くのは時間がかかるので、多めに7日分ほどあると安心です。

定期的な賞味期限のチェックも忘れずに!

病院の療養食は、必ずストックを準備しておきましょう。

揃えておきたい防災グッズ③ストレス緩和にも役立つ「オヤツ」

メインのフードよりは優先順位は下がりますが、オヤツがあると便利です。
猫が好きなオヤツがあると、猫のストレス緩和にも役立ちます。

また、スープタイプは水分補給にもなるので、準備しておくと安心です!
個包装で日持ちのする物、ジッパー付き、消臭成分配合などもおススメです☆

周囲への影響もあるので、香りの強いものは避けましょう。

揃えておきたい防災グッズ④猫専用の「食器」

猫の食事と飲料水用の食器も忘れずに準備しましょう。

紙皿は軽くて便利ですが、フードはOKでも飲料用には不安定です。

また食べ慣れた器以外は嫌がる猫もいます。普段から、時々防災グッズと同じ器を使用するのもポイントです☆

「折りたたみ式の食器」なら、シリコン製で軽くかさばらず、深さも調節できるのでおススメです。

まとめ

食料のストックは定期的に新しいものと交換しましょう。

自宅に猫だけになることも考え、水は普段から複数設置、フードも猫が見つけられる場所にあるとベストです。
しかし、猫の肥満にもつながりかねないので、予備の食料の保管場所は慎重に!

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

関連する読みモノ

大好きな猫ちゃんも多い乳製品、猫にとって安全な食べ物なの?

ヨーグルトやチーズなどの乳製品を、大好きな猫も多いです。でも乳製品って猫にあげても大丈夫なの?注意したい乳製…

今すぐ実践しよう!猫の病気予防と早期発見のためにできる健康チェック

猫の健康は飼い主にとっても大切です。病気なら少しでも早く気づいて受診したいですが、病気かどうかの判断は難しい…

知らなかった!?ペット飼育禁止物件で犬を飼ってはいけない理由

ペットを飼育するには、ペット飼育可能な物件であることが前提であり、常識です。ところが、中には禁止されているの…

関連するキーワード