飼い主も愛猫も笑顔になれるお部屋にしましょう

猫の住まいに関する悩みの多くは、爪の傷やトイレ関連でしょう。

特に爪の傷跡は厄介なので、自宅をできるだけ傷つけずに猫を飼うにはどうしたら良いか悩むのは、猫の飼い主あるあるかもしれません。

中でも、簡単に修復が難しいのはフローリングや壁等ですね。

猫の勲章が付く前にやっておくと安心な方法をご紹介します。

フローリングはいつも猫の爪と戦っています

出典:shutterstock

猫は高い場所やおもちゃが大好きです。

トイレ前後のダッシュや夜中の運動会、多頭飼いでは猫同士の追いかけっこも毎日です。

猫はジャンプ力やダッシュ力に優れ、爪は鋭いフック状でグリップ能力もあります。

いくら定期的に爪を切っても、毎日のダッシュやジャンプでフローリングが傷だらけになる時期は遠くないのです。

フローリングを守りたいならジョイントマットなどを使ってみましょう

定期的な爪切りと爪とぎ場の確保が基本になります。

カーペットは簡単に傷を予防できますが抜け毛の掃除も大変です。

そこで、掃除が楽でお手頃価格、種類・色・素材も豊富なジョイントマットや吸着タイルカーペットなら、汚れたら外して洗えるので吐いても安心です。

ジョイントマットは安全で機能性が高いコルク素材がおススメです。

フローリングの良さはそのまま、クッションフロアが便利です

夏場は、ひんやり冷たいフローリングで寝るのが大好きな猫も多いので、フローリングの良さはそのままにしたい人におススメなのが、両面テープ等で貼るタイプのクッションフロアです。

お好みのフローリング柄でサイズも選べて、賃貸でも使えるものもあります。

作業の手間はありますが、部屋の雰囲気を変えずに楽しめます。

爪とぎもできる畳ボードは優れものです

畳が好きな猫は多いですが、爪とぎもされやすくフローリングの上に乗せるのは大変ですよね。

おススメの便利グッズは、天然い草畳を使用した職人さん手作りの畳ボードです。

爪とぎとしても使えて、両面が使えるお得な畳です。

猫が乗りたくなる六角形の形と、弾力のあるクッションも天然い草畳使用というこだわりの逸品です。

フローリングだけでなく障子も狙われています!

出典:shutterstock

障子の破れは目立ちますし張り替えても一瞬で穴が開きます。

そんな時、プラスチック素材の障子紙なら安心です。
デザインや色も豊富で、白無地であればお手頃価格です。

作業は必要ですが掃除も簡単で猫が登っても笑顔で過ごせますよ。

障子の破れが小さいなら、障子紙が補修できるネコ型のシールはインテリアにもなりおススメです。

まとめ

フローリングは猫も涼みに使うぐらい過ごしやすい場所ですが、滑りやすいので猫がケガをしないように注意が必要です。

飼い主さんも猫ちゃんも快適な暮らしができるように、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

関連する読みモノ

健康のために年に一度は受けさせたい、猫の健康診断ってどんなもの?

言葉を話せないからこそ、愛猫にぜひ受けさせたいのが健康診断です。どのようなチェックをするの?費用はどれくらい…

そのアロマオイル大丈夫?猫を危険から守るために

猫のおしっこの臭い消しに、アロマオイルを使うと猫が中毒症状を起こすことがあります。このページでは、猫にアロマ…

猫の嘔吐の原因になりやすい毛球症(ヘアボール)、どうしたら減らせるの?

猫の毛球症、ご存知ですか?「体内にある抜け毛でできた毛玉」のことで、別名ヘアボールとも言います。猫が吐いてし…

関連するキーワード