猫の防災も備えが肝心です

災害はいつどこで起こるかわかりません。
まずは、猫の防災知識を知っておくことが大切です。

猫の安全の確保や健康管理だけではなく、避難所生活では、周囲の人へのマナーも大切になってきます。

今回は、猫の防災に関する飼い主の心構えや、避難の方法、持っておくと安心な防災グッズをご紹介します。

災害が起こる前に準備しておこう①家具の固定などの基本の防災対策

出典:shutterstock

人も猫も無事でいるために、家具の固定など「自宅の防災対策」が基本です。

災害時に猫が不安で隠れたり、キャリーを拒否して逃げることもあります。
普段からキャリーに慣らしておきましょう。

「防災グッズ」の保管場所を決めて準備するとスムーズです。

「避難所・ルートの確認」に加え、多頭飼いの場合は、猫の避難担当を決めておくと安心ですね。

環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」によると、

飼い主が備えておくべきことは、「普段の暮らしの中での防災対策」「ペットのしつけと健康管理」「ペットが迷子にならないための対策」「ペット用の避難用品や備蓄品の確保」「避難所や避難ルートの確認等」「災害時の心がまえ」です

災害が起こる前に準備しておこう②愛猫のしつけと健康管理

避難所生活は人も猫もストレスが強い状態です。
愛猫と周囲の健康保護は不可欠になります!

避難所では感染症のリスクも増え、猫アレルギーの人もいるので、普段から「シャンプーやブラッシング等の清潔保持」「ノミ等の駆除・予防」「ワクチン接種」などの健康管理を徹底しましょう。

周囲の迷惑にならないようトイレや食事の「しつけ」も大切です。

避難所や動物救護施設では、ペットの免疫力が低下したり、他の動物との接触が多くなる。

不必要な繁殖を防止するため、不妊・去勢手術を実施しておく。
不妊・去勢手術により、性的ストレスの軽減、感染症の防止、無駄吠え等の問題行動の抑制などの効果もある。

災害が起こる前に準備しておこう③迷子札をつけるなどの愛猫の迷子対策

出典:shutterstock

猫の迷子対策として、安全な首輪に迷子札を装着したり、マイクロチップの装着・登録も推進されています。

猫探し用の写真を携帯しておくのも大切です。

室内飼いでも猫が外に逃げ出す場合はありますが、災害時に猫がそばにいなければ、同行避難はとても難しくなります。

完全室内飼いではなく、外出する猫の場合は、より多くの準備と対策を行いましょう。

「同行避難」を受け付けてもらえない避難所もあります

環境省の推奨する同行避難ですが、トラブルや感染症などの防止のために避難所によっては受け入れ不可な所もあります。

その場合の対処法、預けられる人やペットホテル探しも忘れずに検討しておきましょう。

地域の避難所や自治体でも変わるので確認しておくと安心です。

時期や天候にもよりますが、避難所の外にテントを張ってペットと生活した例もあります。

東日本大震災では、震災前より地域防災計画に同行避難について記載し、ペット救済マニュアルの作成、餌やケージなど物資の備蓄を行っていたにも関わらず、

飼い主や市町村等の災害担当部署に「ペットとの同行避難」に関する意識が十分に浸透せず、多くの飼い主がペットを置いて避難したため、発災後の対応に苦慮した自治体がみられた。

必要なものを一度に準備できる「非常袋のセット」もおすすめです

防災グッズを一気に準備したい人や、複数の場所に設置したい人におススメなのが、「猫用の非常時セット」です!

食料や食器、組み立て式キャリー、傷用クリームや包帯等も常備されています。

飲料水をプラスすればOKなので、簡単に準備できます。

愛猫が使っているトイレ、好きなおやつ、爪とぎ等も入れておくと安心です☆

まとめ

いざという時に困らないためにも、普段から防災を意識しておくことが大切です。

環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」には、猫の防災に必要な情報が満載です。気になった方は、環境省のHPをチェックしてみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

寒い時期の車は気をつけて!「猫バンバン」で大切な愛猫を守りましょう

寒い時期「猫バンバン」、最近よく耳にするようになりました。寒い時期、車に乗る時に起こりやすい事故を未然に防げ…

猫用トイレはピッタリサイズよりも全長の1.5倍の大きいサイズのほうがいい!? 

市販の猫用トイレはうちの猫には狭すぎる……そんな悩みをお持ちの方へ、大きな猫用トイレをご紹介します。

素材別に知る猫砂の特徴(おから)

猫砂は、鉱物系、木、紙製など種類がとても豊富です。その中でも食物でもあるおからは、猫砂の素材としては異色のも…

関連するキーワード