あなたの愛猫は首輪をしていますか?

首輪は猫グッズの中でも比較的安価なものが多くて種類も豊富ですが、あなたは愛猫につけていますか?室内飼いだからつけていないという方も多いのではないでしょうか?

首輪をつけるメリットデメリットや手作り首輪など、首輪のあれこれをまとめました。

首輪はしないといけないのでしょうか?

犬は散歩の時や繋いでおくときなど首輪を利用する場面がありますが、猫には特に必要になることはありません。

外飼いの猫の場合は、飼い猫と野良猫の区別のためにつけるということがありますが、室内飼いはその必要もないため、絶対につける必要はない、ということになります。

室内飼いでも首輪をするメリットがあります

出典:shutterstock

首輪をすると動くたびに鈴が鳴るので、愛猫がどこにいるのかがわかりやすくなります。また万が一外に出てしまった場合、探すときの目印にもなります。さらに首輪に連絡先を明記しておけば保護された時に帰ってこられる確率が高くなります。

ちなみにですが、我が家の猫たちも震災をきっかけに首輪をつけるようになりました。

首輪による事故を防ぐために、安全面には気をつけましょう

一方、首輪による事故もあります。はずそうともがいて口輪状態になっていまい脱水状態になってしまったり、首輪がひっかかって取れずに窒息など、命にかかわることも。

また首輪の素材が合わずアレルギーで毛が禿げてしまう、鈴の音にパニックになってしまうなど、気をつけたいことも多いです。

首輪をつける際に気をつけたいことは?

まず首輪は必ず強い力を加えると簡単に外れる”安全首輪”を選んでください。普段通りの生活をしている場面で外れることはまずありません。

また首輪のサイズを定期的に確認し、ゆるすぎないか、きつすぎないかをチェックしましょう。怖がりな子の場合は鈴をはずして利用するといいでしょう。

他の子と違う首輪をしたいなら、手作りがおすすめです

出典:shutterstock

市販の首輪も種類がたくさんありますが、手作りの首輪で愛猫におしゃれをさせたいという方、首輪は簡単につくることができます。

必要なものは安全首輪のパーツと、長さを調整する金具、リボンやチロルテープ・バイアス布などの細い布だけです。市販の首輪を参考にぜひ挑戦してみてくださいね。


まとめ

いかがでしたか?万が一の時のためにしておきたい首輪ですが、事故が起こらないように気をつけてあげたいですね。

また世界でひとつの手作り首輪もぜひ挑戦してみてください!

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

関連する読みモノ

一人暮らしでも猫を飼いたい!猫の飼い方、育て方

朝早く家を出て帰りも遅い仕事だけど、猫を一人ぼっちで長い時間お留守番させても大丈夫なのでしょうか。一人暮らし…

愛猫の快適な寝床を作るヒミツ!?猫の睡眠環境を整えよう!

「寝る子」という言葉が「ねこ」の語源という説があるくらい、よく眠る猫。睡眠環境をしっかり整えることはとても大…

猫のしつけで困っている人必見! 定期講演から自宅訪問で受けられる猫のしつけ相談

猫のしつけ教室はあるのでしょうか?猫も初めての場合は特にしつけに悩むことはあるものです。東京の猫のしつけ教室…

関連するキーワード