愛猫が外出する時の必需品、キャリーバッグ

外出の際に必ず使用する猫グッズといえばキャリーバッグですね。キャリーケース・ペットキャリーなどとも呼ばれていますが、形や素材が様々でどれがいいか悩みませんか?

使いやすくて猫に優しいキャリーバッグの選び方をご紹介します。

使用頻度が一番高い場面を思い浮かべて選びましょう

愛猫をキャリーに入れるのはどんな時か思い浮かべてみてください。

普段からベッド代わり?
通院の時だけ?
災害などもしもの時用?

普段使いにしている場合は柔らかいものや見た目重視でもいいですが、通院やもしもの時用の場合は、機能面重視で選んだほうが良いでしょう。

病院嫌いな猫には、上から出入りするタイプがお勧めです

出典:shutterstock

キャリーバッグの左右に扉があり、そこから出入りさせるタイプのものが主流ですが、病院嫌いな子は一度入れるとなかなか出てきません。無理に出そうと足を引っ張ったり、飼い主さんが手を突っ込んだりすると、お互い怪我をしてしまうこともあります。

上部が開閉可能なものなら簡単に抱き上げることができ、お勧めです。

見た目よりも機能性を重視して選びましょう

出典:shutterstock

布製のキャリーバッグは、色も形も様々でかわいい物も多くとても心惹かれますが、爪が引っかかりやすいものが多く、長持ちするとは必ずしも言えません。

猫にはプラスチック製の壊れにくく頑丈なものが向いています。見た目はシンプルでかわいいとは程遠いものがほとんどですが、愛猫を安全に運ぶことができます。

お手入れのしやすさも大切なポイントです

キャリーバッグを選ぶときにチェックして欲しいことのひとつに、お手入れのしやすさがあります。

移動中吐いてしまったり粗相をしてしまったりした際は、簡単に拭き取れるか、丸洗いはできるのか、ペットシーツを固定できるのかなど、飼い主さんに負担が少なく簡単にお手入れができるのかも重要なポイントです。

高価な物の方がいい?実物を見て選びましょう

キャリーバッグの価格は数千円ものから数万円のものまで様々ですが、年に数回しか使わないということであれば安いものでも十分です。

逆に普段から良く使う場合や飛行機を利用するために使うという場合は、少し高くてもしっかりした作りのものを購入することをお勧めします。実物をしっかり見て決めると失敗しないでしょう。


まとめ

いかがでしたか?

使用頻度や用途に合わせて最適なキャリーバッグを選べば、愛猫もきっと気に入ってくれるはず!気に入りすぎて出てこない、なんてことにはご注意下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

種類が多くて迷っちゃう!猫の餌皿を選ぶポイントとお手入れのコツ

大きさやデザインもいろいろ、値段もピンキリで選ぶのが大変な猫の餌皿。そこで猫の餌皿をを選ぶときのポイントと長…

愛猫のブラッシングのススメ!便利で役に立つブラシ大公開

愛猫の毛づくろいは毎日のこと。猫の毛玉が気になる飼い主さんは多いと思います。愛猫が喜んでくれるブラッシングの…

猫が草を食べる!?「猫草」ってどういう草なの?

猫好きの間では知らない人のいない猫草、猫がよく食べる草のことです。猫が草を食べるのが意外という方もいると思い…

関連するキーワード