猫を飼ったら、まずは動物病院を探しましょう

猫を飼い始めたら動物病院を探しましょう。

病気以外は関わることが少ないイメージがありますが、年齢により病気のリスクも増えますし、急なケガや誤飲なども起こることがあります。

健康維持のためにも、かかりつけの動物病院があると安心です。

今回は、動物病院の選び方やお役立ち情報をご紹介します。

動物病院は治療するだけではありません

出典:shutterstock

病気やケガの治療はもちろんですが、
「予防接種」「定期健診」「避妊・去勢手術」
「猫全般の相談」「治療食・ハミガキグッズ・ペット用消臭剤などの紹介・販売」も行っています。

里親募集や迷い猫、ペットシッターの情報も集まりますし、ペット保険の情報等も得ることができます。

待ち時間に飼い主さん同士で情報交換ができたりします。

動物病院を選ぶコツ①:場所は自宅の近くがベストです

移動が苦手な猫も多く、緊急時のことも考えると、自宅から近い方が良いでしょう。

ネットの口コミや近所の飼い主さんに聞くのもおススメです。猫専門の病院もありますよ。

駐車場の有無やアクセスの良さも大切ですね!

車でも徒歩でも他の動物と接触する機会が少ないルートで、キャリーバッグや洗濯ネットに入れて安全を確保しましょう。

動物病院を選ぶコツ②:受付や待合室の様子もしっかりチェック

出典:shutterstock

待合室で過ごす時間が長いので、重要なチェック項目です。

「受付の対応」「清潔度や匂い」「手指消毒剤の有無」
「他のペットとの接触具合」「待ち時間」「トイレや洗面所の場所」等も大切です!

他の犬や猫に過敏な猫ちゃんの場合、「病院の外にイス」等があると、大型犬の飼い主さんは外で待ったり、愛猫が興奮した時も外で待ちやすくなります。

動物病院を選ぶコツ③:診療時間や休診日もチェックしましょう

仕事後の受診が多い場合は、受付終了時間をチェック!

仕事が休日の日に行く場合は、自分の休日と休診日が重なっているかも重要です。
ペット保険に加入している場合、保険会社対応の病院であれば、支払金額がその場で割引されたりします。

休診日・時間外の対応の確認や、かかりつけの病院が休診日に診てもらえる病院を1つ探しておくと、いざという時に安心です!

動物病院を選ぶコツ④:獣医の説明は分かりやすいですか?

出典:shutterstock

先生からの説明では、
「治療のメリット・デメリットをしっかり伝えてくれる」
「料金を事前に提示してくれる」
「猫の性格によって内服か注射等の方法を変えてくれる」
「日頃の小さな疑問にも丁寧に対応してくれる」
ような先生は理想的と言えます。

また、量の多いグッズは少量から試せたり、定期的に予防接種等の案内が届くような病院も安心です。

まとめ

近所の病院を選ぶことも大切ですが、飼い主さんの生活スタイルや愛猫の性格も考慮して選んでおくと安心ですね。

入院や手術、往診等を確認しておくことも、将来的に困らないポイントです。
動物病院により診療料金が異なるので、費用の面でも注意しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

屋内で猫を飼う時、猫草っては必ず用意した方がいいの?

屋内で猫を飼うには、植物に触れる機会が少ないので猫草が必要だと思われがちです。今回は、猫草の必要性や育て方に…

ルンバ猫✩お掃除開始!!ルンバを起動して掃除する猫の可愛い動画♡

お掃除ロボットのルンバに近づく猫ちゃん。 器用にスイッチをいれて、ルンバを乗りこなします! 掃除をしっかりで…

ペットのうんちはトイレに流しちゃいけない?その理由を3つご説明

ペットの排泄物をトイレに流してはいけない…とよく聞きますが、それはなぜだかご存知でしょうか?今回はその理由に…

関連するキーワード