愛犬との永遠の別れ、どんな形にしたいかイメージしておきましょう

今やペット霊園は当たり前になりつつありますが、いろいろ見ているとその供養の仕方や葬儀などもかなり幅があります。

葬儀を盛大にやる飼い主も増えていますが、霊園にこだわるという人も少なくはないようです。

愛犬を送る時に何処までこだわるか?また、どんな葬儀や供養があるのでしょうか?

火葬と納骨という簡素な供養で十分という場合

最も基本的な供養ですが、火葬と納骨というものです。お寺さんなどペット霊園のあるところで受けてくれる場合が多く、火葬やお墓のタイプなどもいくつか分かれる所もあります。

費用は比較的手頃なところが多く見られ、小型犬であれば火葬費で5,000円程度〜といった料金が多いようです。

寺院や民間で経営するペット霊園はウサギや鳥などの小動物から受けているところも多く、火葬の場合は犬は体重やサイズで料金は異なるのが主流です。

葬儀を行う飼い主さんも増えている一方で、まだまだ一般的には多い供養ではないでしょうか?

火葬だけでも実はその種類はいろいろあります

もちろん、霊園や葬儀会社によって設けているプランは異なりますが、火葬と言ってもその内容もいくつかに分かれます。

まず合同で火葬するタイプです。こちらは他のペットと一緒に火葬してもらう形になります。もちろん、愛犬の骨をその後個別に集骨することは出来ません。

そして、個別火葬は愛犬を単独で火葬してもらうものです。火葬担当者が集骨してくれるパターンもありますが、飼い主が立ち会って自ら骨壺に集骨出来るコースもあります。

個別火葬をして立ち会い、飼い主が骨壺に集骨するというのは、人間の火葬と同じと考えて良いでしょう。

納骨は自宅から霊園までさまざまな形があります

出典:shutterstock

そして、集骨したものをどうするかもいろいろ分かれます。
まず、骨壺に入れて貰う所まではほとんどの葬儀会社や霊園で行っていますが、その後も飼い主の判断でさまざまです。

飼い主によっては自宅供養といってそのまま自宅で保管する場合もあるそうです。葬儀会社によっては骨をさらに砕いてパウダー状にしてくれる所があり、思い出の場所に散骨する人もいます。

霊園に納骨する場合ですが、合同火葬を選択した場合には、おのずと合祀という形になります。

また、個別であればさらに墓石を用意し、単独のお墓として供養することも出来ます。合祀の場合は合同供養など数千円程度から供養が可能です。室内型の納骨堂も増えています。

人間の葬儀と同じレベルも!進化し続ける愛犬の葬儀

今、ペットビジネスはかなり進化が見られていますが、葬儀も予想以上に豪華で丁寧なものが増えているんです。

一般的な葬儀会社でも、ペット葬儀事業に参入しているところもかなり多く、そのほとんどが人間さながらの葬儀を提案しているんです。

そして、人間の葬儀同様、予算や飼い主の思い入れによって、選択出来る葬儀の種類もかなり豊富になっています。

もっともシンプルな場合でも斎場に祭壇を設け、花や遺影を飾り、家族を中心にお別れ会などが出来るものがかなり利用され始めているんです。

また、このシンプルなタイプの場合には、自宅で行ってくれる訪問タイプの葬儀も増えています。

参列者にも気を配った豪華な葬儀もできます

家族だけで送りたいという場合には、祭壇を飾ってもらって読経してもらい火葬するというプランは手頃ですが、参列者を迎えることも可能な葬儀プランもあります。

ペットの葬儀も、実際に施主の希望によってはお花の量や規模など自由に設定可能としている所が多いですが、家族以外の知人や友人などの会葬者を迎える対応も出来るところも珍しくありません。

これは、通常の葬儀会社が行うペット葬儀に多く、人間の葬儀のノウハウをそのままペットの場合にも取り入れたという感じです。もちろん、斎場もそれなりの豪華なところがほとんどです。

愛犬を偲んでのんびりしたくなる!眺めの良い霊園

出典:shutterstock

また、実際に愛犬が永眠する霊園も、今はかなり良い立地が選ばれています。高台の見晴らしの良い場所や、桜を始めとした季節の花で美しく彩られる所など、愛犬と散歩したくなるような風景のある場所です。

愛犬に限らす、ペットを失ってしまうとペットロスに陥ってしまう人も多いものですが、霊園にいるだけでそんな心が癒されるような場所が霊園として増えています。

もちろん、利用するには合祀の場合と個別に墓地を有するのでは料金には開きはありますが、合祀の場合であっても利用者を対象にした法事などを設けているところも多く、節目にはしっかり供養出来るところは多いのです。

霊園に納骨というパターンを敢えて選択しない方法もあります

上でも軽く触れているように、納骨をしない飼い主もいます。葬儀会社によっては骨をさらに粉砕し、パウダー状にしてくれるサービスを行っているところがあります。

飼い主さんによってもさまざまですが、自宅の庭に撒く人もいれば、愛犬の思い出の海や場所に散骨する人もいるようです。

また、粉砕することで量も圧縮される為場所を取らずに自宅に保管出来るということも考えられています。

住居事情や環境によっては自宅のプランターや鉢植えなどに散骨して供養する人も少なくありません。

さらに、亡くなった愛犬を常に身近に感じたいということで、砕いた骨をアクセサリーに加工してくれるところもあります。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

犬友さんと上手に付き合いたい!お付き合いのコツは?

大好きな犬の話で一緒に盛り上がったり、時には心強い存在だったりする犬友達略して犬友さん。そんな犬友さんと知り…

食べたいけど我慢!?合図がでるまで待ち続けるゴールデンレトリバーの動画✩

芳醇な匂いに魅了されるゴールデンレトリバーのクーちゃん。 美味しそうなおやつを目の前にして、飼い主さんからは…

犬のホテルのときに持って行ってあげたい5つのもの

旅行や帰省、引越しなどで犬をホテルに預ける機会もあルと思います。ホテルに連れて行くときに、一緒に持っていくも…

関連するキーワード