犬と触れ合うことで元気をもらえる高齢者たち

ある程度の高齢になってから子犬を迎える場合には、子犬が天寿をまっとうする時の飼い主の年齢を考えればおすすめしないペットショップやブリーダーは増えています。里親募集をしているところも同様です。

しかし、若い世代との同居であればその限りではありませんし、犬に触れることで元気になる高齢者は多いものです。

ペットで得られる、癒しの効果があります

出典:shutterstock

ペットは人に安らぎの心を与えたりリラックスさせる効果があり、実際に接していることで塞いでいた気分が明るくなったという人や、前向きになれたという人は少なくありません。

中でも犬の場合は人間に忠実であり、その場の状況や言葉を理解出来る犬も多く、ある程度の話し相手になるペットとして飼う人もいます。そういった部分も、高齢者や病気の人にも精神面で大きな効果が期待されています。

実際に、元気の無い高齢者や病気の人が、暫く犬と過ごす事で表情も明るく元気になったということは良くあります。

セラピードッグの背景と歴史が知りたい!

こうした観点から始められたのがセラピードッグです。セラピードッグは特別な訓練を受けており、主に病院や介護施設、老人ホーム等を慰問するなどして活動しています。

日本で認知されるようになったのはまだ日が浅いですが、海外でのその歴史は、1700年代にはその土台となった試みがされた記録があるとされています。

さらに1800年代後半になると、アメリカで実際に気分転換を図る目的として動物との接触を奨励する動きが始められています。

こうした歴史を背景に、現代に入ってくると、犬を中心とした患者の精神面からの回復や、高齢者の心の健康を目的とした活動に繋がっているのです。

訪問型のドッグセラピーもあります

セラピードッグの場合は、主に訪問というスタイルも非常に多いものです。老人の多い介護施設や入居施設などの他、個人の家への訪問を行っている団体もいます。

老人などに触られても噛んでしまったりという心配のないように飼育、訓練された犬であるということで安心感もある上に、訪れてもらうことで、普段の世話という心配はなく、触れることだけ体験できるという大きなメリットがあります。

こうした訪問タイプのドッグセラピーは、体の不自由な老人や病人にとっても喜ばれる存在です。

施設での共同飼育を中心としたドッグセラピーもあります

出典:shutterstock

訪問タイプとはやや違い、病院や入居施設などで共同で犬を飼育するといった取り組みもあります。

単身の高齢者または高齢者のみの世帯が子犬や若い犬を飼育するのと違い、施設や病院の職員が中心になることで、身体上の都合で世話が出来なくなるといった心配も少ない点がメリットとして挙げられます。

訪問型と違い、施設の場合にはペットと暮らす感覚が体験出来ることもあり、高齢者の精神面には非常に癒し効果が得られやすいのもメリットの一つです。

施設以外で犬を飼育する方法もあります

犬を始め、何らかの生き物と暮らすことは、高齢者に限らず小さな子供の情操教育にも良いとされており、実際に精神面でもストレスの軽減や精神面での改善といった効果を確認している人は少なくありません。

施設などでの共同飼育ではなく自宅で個別に飼育する高齢者もおり、健康上大きなトラブルが無い場合には、散歩や世話をすることで身体面でもプラスになることも多く、命を育てるという点では精神的な責任感なども加わり、心の支えになる人も多いようです。

具体的にはどれぐらい効果があるのでしょうか

犬を始めとしたペットに触れる事で、癒しやストレス軽減が期待されるのは分かっていますが、実際にはどんな作用があるのでしょうか?

過去に行われた実験によると、ペットに触れることで脳内のドーパミンが増えることが報告されています。これは、楽しいという感情を作り出すもので、ペットと触れ合っていることが楽しいという感情に繋がることが分かります。

また、ペットと触れ合っている間は、血圧や脈拍など非常にリラックスした状態が保たれていることも確認されています。

つまり、ペットと触れ合うことが楽しく、精神がリラックスした状態になることは明確なのです。

楽しいといった感情が生まれ、前向きな気持ちになれます

これらの、ペットと触れ合うことが楽しい、さらにリラックス出来るという状況は、「またペットに会いたい」「ペットと触れ合いたい」という感情へと繋がっていきます。

この感情の流れは、実際にはペットに会っていない時でも、頭の中で思い出すだけで「楽しい」という感情を作りやすくします。これは鬱状態の人を前向きに明るく改善していく効果も得られることになります。また、免疫力をつける効果も期待されます。

ペットに会うことが楽しみになり、元気でいたい、頑張りたいという精神的な働きが強まることで、身体的にも健康な状態を作りやすくなるのです。

心と体の健康を取り戻すことで人間関係も改善します

出典:shutterstock

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

心構えできてる?犬を里親制度で迎える時の注意点や育て方

ショップやブリーダーからではなく、里親となって犬を迎えるにはどこに注意したらいいのでしょう。

トイレ、食事、留守番...みんなが知りたい室内で「犬のしつけ」まとめ

室内のしつけには、いくつかあります。例えば、トイレ、食事の仕方、様々な音に鳴らす、留守番の仕方などです。これ…

犬の飼い方しつけ方を学ぶにあたって、知っておきたい犬の学習スタイル4パターン

犬を飼ううえで最も大切なのが、正しくしつけること。問題行動と言われるものを矯正するためにも、犬の飼い方・しつ…

関連するキーワード