ペットの移動で公共の交通機関を使う時、様々なルールがあります

出典:shutterstock

以前はJRで乗車OKだったペットカートが、そのままでの乗り入れが禁止になったのをご存知ですか?

他にもペットを入れるキャリーバックなどの大きさが定められていたり、場合によって乗車拒否される場合があるなど公共の交通機関にペットと乗るにはそれぞれの交通機関ごとに細かくルールーが定められています。

ここではいくつかの公共交通機関の料金やルール、共通した注意事項などをご紹介したいと思います。

電車にペットと乗る場合、ペットの姿が隠れるケースに入れましょう

JRでは、現在ペットの乗車について、ペットの姿が全て隠れるケースに入れること、また、そのケースの大きさについては、一辺の長さの最大が70cm、縦横高さの3辺の合計が90cm、重さは10kgまでのペットを280円の乗車料金で乗せることが出来ます。

以前は、そのまま乗車できたペットカートは分解してバッグの部分が制限内の大きさなら乗り込んでも良いと変わりました。私鉄に関しては料金はほとんどが無料で共通していますが、バッグの大きさや重さは会社によってまちまちです。

また、中にはペットカートをそのまま乗車できる場合や、分解しても持ち込み不可の場合、駅係員の判断にゆだねられている場合などがあるので確認が必要ですね。

路線バス、長距離バス、観光バス、バスで乗車のルールは異なります

路線バスは、ほとんどがペットの姿が外から完全に見えないケースに入れることで乗車が出来る会社がほとんどです。

ペットカートは各社対応が異なっているようですが、乗車可の場合でも混雑状況によっては断られる場合もあります。ペットスリングは蓋が付いていても不可という会社が多いようです。

長距離バスの場合、昼間の便は路線バス同様の規定を守れば乗車可の場合が多いようですが、夜行バスの場合は鳴き声などが他のお客様の睡眠の妨げになるなどの理由から不可がほとんどです。

いずれの場合も、他のお客様に迷惑になった場合途中下車をお願いする場合がありますとのお断りがあるので、きちんとしつけのされたペット以外は不可と言うことですね。

飛行機に乗るときには、ハードキャリーを準備しましょう

出典:shutterstock

飛行機にもペットを乗せることが出来ますが、その場合、日本ではペットは客室には一緒に乗れないため貨物室に乗せることになります。

荷物用の貨物室とは違い客室同様に気圧や気温は保たれていますが、照明が消えて真っ暗であること、離着陸時の音がかなり大きいこと、振動や揺れなどペットにとって多くのストレスがかかります。

そのため、体調が悪かったり、心臓に持病を持っている、高齢であるなどの理由で搭乗できない場合があります。犬種(短頭種)によっても、搭乗できない場合もありますので事前によく確認することが大切です。

船の場合、会社ごとに大きくルールが異るので必ず確認しましょう

カーフェリーのような大型の客船は、だいたいペットの乗船は許可されていますが、船舶会社によってペットと同室で過ごせる客室があったり、ペットを預かる施設があったり、ケージに入れて決まった場所に置いたりと扱いが様々ですので必ず確認を取るようにしましょう。

また、預けるタイプの船の場合は、飼い主と離れてペットにストレスがかかるので体調に気を付けるようにしましょう。

タクシーに乗るときは、運転手さんに確認をとりましょう

出典:shutterstock

タクシーは各社それぞれ規約があるようですが、ほぼ9割近くのタクシーがペットの乗車を許可していますが、必ず乗車前に運転手さんに確認するようにしましょう。

また、タクシーは他人を気にしないで済む交通機関ですが、自分が乗った後に他のお客様が利用することを考えて、ペットの毛が落ちないようにバッグに入れることは当然ですが、匂い等が残らないようにペットもバッグも清潔にしておきましょう。

移動中に騒いでしまった!こんな時はどうすればいいの?

いつもは大人しいペットたちも、普段とは違った環境で興奮して騒いでしまったりすることがあります。

特に、犬が電車の中で吠え止まないようだと周りにも迷惑をかけてしまいますから、日頃からバッグの中などで大人しくしていられるように訓練しておくことが大事です。

それでも、もし車内で吠えるようでしたら、バッグを軽く叩いて気を引き、吠え止んだタイミングでおやつをあげてみましょう。そうすることで、大人しくしているとおやつがもらえると思わせ、犬を大人しく過ごさせることが出来ます。

移動中に体調を崩した場合、可能なら途中下車をしましょう

ペットの中には、乗り物に酔ってしまう子もいます。あらかじめペットが乗り物に弱いことが分かっていれば、事前に動物病院などで相談し酔い止めを出してもらうと良いでしょう。

また、違った環境で粗相をしてしまったり、体調を崩して吐いてしまったりした場合には、出来れば途中下車をしてきれいに掃除をし、ペットの体調が戻り落ち着いたら、再度乗車するようにしましょう。

粗相については、初めからマナーベルトを着用するなどの予防をしておくのもお勧めです。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

選べる3サイズ! 安心日本製の炭入り消臭ペットシーツ

国産、厚型の炭入り消臭ペットシーツです。サイズはレギュラー、ワイド、スーパーワイドの3種類からお選びいただけ…

関連する読みモノ

これは使える!犬のしつけ「ちょうだい」は、こんな時に役立つんです

「待て」「お座り」「来い」など犬のしつけ教えている方も多いと思いますが「ちょうだい」はどうでしょうか。教える…

おしっこで電柱が腐食!?犬のおしっこが招く事故とは

犬のお散歩中、電柱におしっこをさせていませんか?何気なく行っているその行為も、積もり積もると大きな事故を引き…

マナーパンツって知ってる?使うメリットとおすすめ商品をご紹介

ワンちゃんが粗相をしないようにするアイテムに、マナーパンツがあることをご存知でしょうか?今回はこれを使うメリ…

関連するキーワード