食用犬だった?意外なチワワのルーツ

チワワは日本ではロングコートが人気ですが、海外に行くとスムースの短毛種が人気で、家庭で飼われているチワワの多くがスムースコートです。

その小さな体で癒しを求めて飼育している人も多いかと思いますが、イメージが一新するようなエピソードを持つ犬種でもあるんです。

チワワのルーツはそもそも短毛種

出典:shutterstock

チワワはメキシコが原産の最も小さな犬種として知られています。そのルーツには諸説ありますが、アステカ文明の時代から飼われていた「テチチ」という短毛の犬がルーツであるという説が多く見られます。

「テチチ」は生け贄として捧げられていた犬でもあり、現在のチワワよりやや大きめサイズだったようです。

テチチは食用にされていた犬も?

チワワのルーツと考えられている「テチチ」は、中には食用になっていた犬もいたようです。現在の私たちからすると、可哀想になってしまうエピソードですが、全部が食べられていたわけではありません。当時から可愛がられて飼育されている犬も多かったようです。

そんな「テチチ」と、中国の体毛のない犬種が交配されて出来たのが現在のチワワの始まりではないかという説が有力なようです。

いずれにしても、19世紀に入るとチワワの品種改良は進み、ロングコートの改良も始まりました。この頃に現在のスタイルに落ち着き、犬種として登録されたのです。

ロングコートの秘密はあの犬種

出典:shutterstock

ところで、ロングコートのチワワとして改良されたのは、パピヨンやポメラニアンとの交配によるものなんです。

確かに、ロングコートのチワワを見ていると、パピヨンやポメラニアンの顔に雰囲気が似ている気がしませんか?

ロングコートが何処か優雅な印象があるのはパピヨンが入っているからでしょうか?

勇敢でがっしり体型のスムースチワワは原型に近い

ルーツは短毛種で体型もどちらかというとがっしり系だったチワワ。スムースのチワワは体も引き締まっており、中には筋肉質のがっしり体型のコもいます。

そんな体型のチワワは原型であるテチチに近いのかも知れませんね!

犬の歴史を調べてみると面白い

最後までお読み頂きありがとうございました。

チワワは近年では人気ランキングでも上位の犬種ですが、まったく人気の無い時期もあったそうです。

犬の歴史を辿っていくと、職業犬であったり狩猟犬などが多いものですが、生け贄というのはちょっと珍しいかも知れません。チワワは意外にも勇敢な面も持っているので、番犬にも向いているそうです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

高タンパク・低カロリー・消化吸収率バツグンの PV 北海道産 鶏ささみ 35g

北海道産の鶏ささみを作りました。愛犬に与えたい逸品ですのでどうぞお試しください!

食べて満足!PV 北海道産 バランスビッツ 80g

北海道産のバランスビッツを発売したのでよろしければお試しください!

関連する読みモノ

これは驚き!!江戸時代には犬も自由にお伊勢参りができたってホント?

江戸時代、将軍徳川綱吉によって施行された「生類憐れみの令」は広く知られています。なんと当時の犬は自由に伊勢参…

できなくて当然!?犬のしつけは撫でて褒める愛情と信頼のしつけ法が近道♡

犬のしつけ方法は様々ですが、たくさん褒めてたくさん撫でることで、愛犬も期待に応えてくれるようになります。

犬の里親になる前に知っておくべき、成犬を引き取る際の注意点とは?

犬の里親に注目が高まっています。いろいろな犬を見てしまうと助けたい気持ちにはなりますが、時間と覚悟が必要です…

関連するキーワード