公園デビューから心がけたい散歩のマナーを身に着けましょう

公園には、小さな子供からお年寄りまでさまざまな人がやってきます。

広場で遊ぶ人もいれば、ジョギングする人、赤ちゃん連れの人、リハビリにゆっくり歩く人などそれぞれ目的が違います。そして、そんな人の中には犬が苦手な人もいます。

マナーを守って利用者の一人として愛犬との散歩を楽しみましょう。

噴水や池などがある公園でのマナー

出典:shutterstock

噴水や池など、水のある公園では、犬を泳がせたりしないようにしましょう。

もし誤って入ってしまった場合にはすぐに出し、何か壊してしまったらすぐに管理センターなどに連絡を入れておくことも大切です。

また、入ってしまったら帰宅後お風呂で洗うと衛生面でも安心です。

滑り台などの遊具のある公園でのマナー

遊具の好きな犬、実は意外と多いんです。滑り台が好きで、自分で滑ることが出来る犬もいます。

公園の遊具は子供を対象に作られています。もし利用したい場合には、利用者がいない時などを選び、必ず飼い主が抱っこして利用しましょう。直接乗せるのは犬の足についた汚れが遊具についてしまうので、不衛生です。

ボール遊びが出来る広場のある公園でのマナー

出典:shutterstock

広い芝生の広場やボール遊びが出来る広場のある公園も多いですね!愛犬と思い切り走る人も多いようです。

ところで、そんな広場でやりがちなマナー違反、それはノーリードです。公園はほぼノーリード禁止です。そして、犬が苦手な人には怖い光景なんです。

ドッグランでもない限りは伸縮リードなどで楽しみましょう。

砂場のある公園でのマナー

これは、犬というより猫が多いようですが、砂場をトイレにしてしまうのは絶対にNGです!

犬によってはトイレがしやすい場所はいろいろです。散歩中のオシッコは草にかけるのが好きなコもいれば壁や柱など対象物にかけるコもいます。砂や地面でするのが好きなコは、うっかり砂場でしないように気をつけましょう。

リードを付けるなどの基本的なマナーは絶対に守りましょう

犬をお散歩させる時には、リードをつける、マナーポーチを持ってウンチをしっかり片付けるのは最低限のマナーです。他には場所によってオシッコが流せる水もあるといいですね!

人の多い場所での長いリードの使用など、他の人が不快に感じないように楽しく散歩をしましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

犬を飼っていると、自分の犬は誰から見ても可愛いと思ってしまう人もいます。もちろん、飼い主にとって愛犬はとっても可愛いものです。しかし、公共の場所には犬が怖い人もいます。公園に掲示されているルールを守ることが大切です。

勝手な行動で犬全体が使用禁止になる所も多いことを覚えておきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

におわないペットシーツ処理機本体+専用カセット4個付きスペシャルセット

気になるペットシーツの処理に。 ペットシーツ処理器『デオポット』 本体と専用カセット4個ついたお得なセットで…

チーズの香り漂う飽きない牛ガム ミニ 3本

ワンちゃんの歯の健康を保つためには牛ガムは欠かせないアイテムです!今回はチーズを包んでいるので飽きさせないお…

関連する読みモノ

ワンちゃんがペットシーツを食べないようにする3つの工夫とは?

犬がトイレ用のペットシーツを噛んでぼろぼろにしてしまう!そんな問題行動の原因と対処法についてご紹介します。お…

一時期は絶滅の危機にあった!希少犬と言われる日本テリアの秘密

日本にもテリアという名の犬種がいます。意外と知られていませんが、れっきとした日本原産の犬種です。特徴的な色の…

犬が吐いた!病気・不調のサインを見分ける秘訣とは!?

犬が病気や調子が悪い時には、まず食欲に表れます。嘔吐はもちろん、いつもなら食べるフードを残す、おやつも食べな…

関連するキーワード